一流の睡眠を読んだ感想。睡眠は貯金できる?最適な睡眠時間は?

一流の睡眠
「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略
著者:裴 英洙

IMG_3550

人にとって睡眠はとても重要なもの。

生命を維持することに睡眠は必要不可欠で、
睡眠が人生を左右するといっても過言ではないのだろうか?

私は、自分の睡眠の効率をより上げるために、
「一流の睡眠」を読んでみた。

その中での学びや感想をシェアしていこう思う。

睡眠のキモは量ではなく質

睡眠効率は簡単に測ることが出来る。

以下の公式で求められる。

睡眠効率=実際の睡眠時間÷横になっていた時間×100

この割合が85%以上が合格ライン

まずは、自分の睡眠を知ることが大事だ。

身体の疲れの特徴

疲労には3種類あるといわれる。

  • 肉体疲労
  • 精神疲労
  • 神経疲労

放っておくとお互いがタッグを組んで
悪さをするのでタチが悪い。

睡眠はこの3つの疲労すべてに効果を発揮する。

疲労には、早めに対応しておく必要がある。

眠気に注意する時間

眠気に注意する時間は何時頃なのだろうか?

自分にあわせて考えてみるとよく分かる。
自分が眠気を感じたり、
ウトウトしやすくなる時間といえば

そう、食事を終えたあの時間・・・

午後の14〜16時の間。

実際にこの時間に、
居眠り事故なども多く起こっているというデータもある。

この時間帯は、特に注意する必要がある。

寝ない方がいい時間帯

人間が眠りにくい時間というのも存在し、
逆に眠らない方がいい時間といわれるのが、
19〜21時

この時間は「睡眠禁止帯」ともいわれ、
カラダを動かした方がいい。

ただし、激しい運動をしすぎす、
心地よい疲労を残すことが睡眠にも大事。

睡眠は貯金できるのか?

残念ながら、、、
睡眠は貯金することは出来ない。

寝貯めもできない。

ただし、
借金返済は可能。

たしかに、週末に長く寝ると体調が回復することがあります。
しかし、それは「寝貯め」ではなく、睡眠不足を補っているだけです。
平日に理想的な睡眠時間より不足した時間を「借金」と考えれば、
週末に借金返済しているわけです。

実際に、医学的にも「睡眠負債」という概念があります。
一気に睡眠負債を返済しようと休日夕方まで寝てしまうと、
生活リズムの乱れにつながり、かえって翌週の睡眠に悪影響を及ぼすことになります。

出典明記 P61 一流の睡眠 裴 英洙  ダイヤモンド社

借金返済は出来るが、
無借金が究極の睡眠戦略だ。

最後に

睡眠には、絶対解がない。

自分に最適な睡眠時間を把握することが大事。

総務省統計局によれば、
平成23年の日本人の平均睡眠時間は全年齢で7時間42分
男性は、7時間49分
女性は7時間36分でした。

出典明記 P43 一流の睡眠 裴 英洙  ダイヤモンド社

一般的な睡眠時間は、
7時間半程度だが、これにとらわれすぎてもいけない。

芸能人、有名人でもでも
「ショートスリーパー」として有名な人はいる。

例えば、
明石家さんま、デューク更家、武井壮、ナポレオン、エジソンなど

その逆に、
「ロングスリーパー」の人もいる

アインシュタイン、水木しげる、クリスティアーノ・ロナウド、ミハエル・シューマッハなど

だから、
睡眠時間に関する絶対解はない。

まずは、自分の睡眠を知り、
睡眠時間を把握してみるところから
始めてみてはいかがだろうか?

この本には、
その睡眠に関するヒントがつまっている↓

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

スポンサーリンク

コメントを残す