夏におすすめの香水とつけ方!メンズ(男性用)フレグランス

1年で最も香水が売れる時期は
 
 です。

夏には、
多くのサマーフレグランスが発売され、
香水需要が高まる季節といわれます。

 
夏は開放感がいっぱいで、
香水を付けて気分を盛り上げる人や、
気分が盛り上がっているので、華やかに香らせたいという人も多い季節。
 

また、
暑さで体臭が気になる季節のため、
フレグランスの需要が増えてきます。
 
 
そんな夏には、
清涼感のあるフレグランスをさりげなく身に纏い.
ファッション、おしゃれを楽しみたい気分になりませんか?
 
 
夏には、
「どのような香水を、
どこにつければいいのでしょう?」
 
 
今回は、
夏におすすめの「香水選び」と「香水の付け方」を解説します。
 
6854784837_b90d9b7937_o
 
まずは、フレグランスの基礎知識から。

フレグランスの種類

 
フレグランスは、
香料、アルコール、蒸留水などを混ぜ合わせて出来たのもので、種類があります。
 
大きく分けると、4つに分けられ、香りの持続時間が違います。
 

パルファン
  持続時間5〜7時間

 

オードパルファン
  持続時間5時間前後

 

オードトワレ
  持続時間3〜4時間

 

オーデコロン
  持続時間1〜2時間

 
香りの持続時間が違うので、
こちらの4タイプは、付け方も変わってきます。

 
例えば、
持続時間の長いパルファンの場合は、
少量を点でつけるような感じです。
 

逆に、
持続時間の短いコロンは面でつけます。

 
初心者でもつけやすいのは、
軽い香り立ちで毎日使える、「オードトワレ」です。
 
夏の香水は、
「オードトワレ」から始めるのがいいです。

 
香水は種類によって付け方も変わってきますので、
購入時は注意してください。
 
 

匂い立ち

 
香水は、香りのニュアンスも変化してきます。
 

一般的には、

トップノート ⇒ ミドルノート ⇒ ラストノート

この3段階が基本です。
 
 
他には、
「ワンノート」や「シングルノート」があります。
 
 
「ワンノート」は、
つけ始めから終わりまで一つの香り続くタイプ
「ブルガリブラック」はこのタイプです。
 

「シンクロノート」は、
つけた人の肌や気候などの変化で、複数のノートが絡み合い、
様々な匂いが現れたり、消えたりします。

「シャネル アリューリュールオム」などは、
シンクロノートタイプです。
 

夏の香水の付け方

 
好きな所に好きなだけつけたい所ですが、
つけては行けない場所もあるので注意が必要です。

 

2015y11m16d_063237285

つけていい所

手首、足首、膝の裏など脈の打つ所につけるのが良いです。

ウエストも体を動かした時に香るので、オススメです。

 

 

つけては行けない所

基本的に鼻と距離の近い所につけると、

匂いに麻痺してつけすぎるので注意が必要です。

 

脇の下、足の裏なども避けましょう。

 

 

 

また、香水の種類によって付け方も違います。
 

  • パルファン:手首、足首など脈の打つ部分にピンポイントにつけます。
  • オーデトワレ:2、3プッシュまで
  • オーデコロン:他のタイプよりふんだんに使えます。

 
ただし、
つける前にシャワーを浴びたりして、
キレイな体の状態でフレグランスを使うこと。
 
そうすることで、本来の香りが楽しめます。
 
 
つける場所は、
手首、膝の裏や肘の内側などがいいです。
 

通常は、
手首→首すじにつけますが、こすると香りが壊れますので、
軽くにおいを移すような感じでつけます。
 
 
ニオイは下から上へと香るので,
膝の裏、足首もGOODです。
 
 
直接的より内側から,
ほんのり香る程度の香りを好む方が多いので、
つける量を上手くコントロールしていきましょう。
 
 
また、夏につける香水の香りに関しては、
冬のイメージのあるフレグランスは、
暑苦しい感じを与えてしまうので注意して下さい。
 

特に夏は香り立ちが強く、
拡散性も大きくなりやすいです。
 
この時期には、バニラ、バイオレットなどの重い香りや、
甘い香りは避けた方がよいです。
 

夏は開放的な季節で、
街や海辺でも香水をつけたい気分になりますが、
汗のにおいを消すために香水をつけるのは、注意が必要です。

汗と混じって異臭にならないように、
つける場所や香りにも気を配ってください。

夏に人気の香水

 
それでは、夏の香水ですが、
暑い時期なので、人気はさわやか系です。

 
フルーツ系のさわやかな香りや、
石鹸系など清潔感のある香りも夏におすすめ!

 
シトラス系やマリン系の清涼感のあるものが人気です。
 

夏の王道香水には、このような商品があります。
 

ド定番の
ジバンシィ ウルトラマリン

ウォーターフルーツが香る爽やかさが人気
長年愛され続けている名作です。
 


 
BURBERRY バーバリー ウィークエンド フォーメン

さわやかなフルーツから始まる香水。

香調:フレッシュ トランスペアレント
 


 
ダビドフ DAVIDOFF クールウォーター

爽快なエクスタシーを感じる香り。

水のように清々しく、スパイスの効いた香りが身も心もリフレッシュします。
 


 
DOLCE & GABBANA ドルチェ&ガッバーナ  
D&G ライトブルー

 

男女問わない香りでさわやかな香り。

香調:フローラル・フルーティ
 

最後に

 
夏用香水の見分け方として、
パッケージ、ボトルが一つのポイントです。
 
夏のフレグランスは、
ボトルも夏のイメージが取り入れられている物が多いです。
 
ブルー系や透明感のある涼しげな感じのボトルは、
夏の香水が多めですので、チェックしてみてください。
 

TPOによって使い分けて、香水を楽しんでください。

ただし、夏は気温が高いためつけすぎると、
「香害」となることがありますので注意しながら
夏の香水を楽しんでください 。
 

メンズ用夏の人気香水

楽天
⇒ メンズ サマー 香水

ヤフーショッピング
⇒ メンズ サマー 香水

 
▼メンズフレグランスのレビューはこちら
ミスターバーバリー
シャネルのアリュールオム コローニュ
ローパケンゾー エレクトリック ウエイブ
ジェントルマン オンリー パリジャンブレイク オーデトワレ
 

いかがでしたか?
今回は、「夏のメンズ用香水」でした。
フレグランス選びの参考になればと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す