メンズのディオールの香水。ソヴァージュとは?どんなにおい?

2015年メンズ向けのディオールの新作香水が、10年ぶりに発売された。
 
2005年に発売された「ディオール オム」以来のメンズ香水の新商品。
 
「ソヴァージュはどんな香水なのでしょう?」

ディオールの香水「ソヴァージュ」をチェックしてみました。

ディオール

まずは、「Dior ディオール」 というブランドと、前作の「ディオール オム」からおさらい

Dior

ディオールは、フランスのファッションデザイナー。

クリスチャン・ディオールが創立したファッションブランドで、服飾、バッグ、革製品、宝飾品・時計、コスメ・香水などがある。

(ディオールの創業は、1946年)
 
ブティックショップは、、東京、名古屋、大阪、神戸などにあり、銀座、表参道のショップは有名。

ディオール

他にも、全国各地のデパートに店舗を展開していて、ディオールは海外コスメブランドの代表ブランド。

 
ディオールのメンズラインが「ディオール・オム」と呼ばれる。

オムは、フランス語で男性のこと。女性はファム (femme)

ディオール オム

前作の香水 「ディオール オム」について。
 
前作のディオールオムは、トップノートではフレンチラベンダー、フレンチセージ、イタリアン・ベルガモットなどを使用して、爽快ですがすがしい立ち上がり。

 
ミドルでは、アイリス、ココア、アンバーなどが、フローラルでほんのりとした甘さを引き出している。
 

エレガントな男の香りともいわれる。


「ディオール オム」は、冬にもオススメの香水。

 

ほかには、「オー・ソヴァージュ」という香水がある。

1966年に発売された、天才調香師エドモン・ルドニッカの代表作の一つ「オー・ソバージュ」

 
トップは、レモンやローズマリーの爽やかでヴィヴィッドな香り。

ミドルは、プチグレインやバジルが清々しく凛々しい情感を表出させる。

ラストは、ベチバーがシャープなスウィートをほのかに香らせる

 
上品で歴史を感じさせる香水。

ディオール (Dior) ソヴァージュ

 
さて、それでは本題の、メンズフレグランス。

ディオールの『ソヴァージュ』


発売日は、2015年10月2日

オードゥ トワレ

フレグランス 60ml、100ml
 

今回、イメージキャラクターとして、ジョニーデップを起用している。

『ソヴァージュ』 とは、ワイルド、野性的な、という意味を持つ。

フレッシュでエレガンスを感じさせながらも、野生的で本能に響く香りで、ジョニーデップのように、少しやんちゃな一面を持っている方にふさわしい。
 

ディオール フレグランス クリエイターの、フランソワ・ドゥマシーが創りあげた、荒しさと気高さが遭遇する新メンズ フレグランス。

 
前作同様、ベルガモットの香りだが、

今回は、この香りのために作られた、唯一無二のベルガモッットを使用している。

 
苦みのあるシトラスノートがスパイシーを感じて、男の強さが見え隠れするような香り。
 

香調は、ベルガモットが特徴。
 

サンショウやピンクペッパーの刺激的なバイブレーション、ゼラニウムやパチョリの力強く優雅な芳香へと続き、アンブロクサンが奏でるアンバー ノートが、気配を包み込むように立ちのぼる。

 
野性的な側面と、洗練されたエレガンスという二面性がある香水。
 

近年、メンズコスメの人気も上がり、フレグランスも注目を浴びている。
 
ソヴァージュは、雑誌などでも多く取り上げられていて、非常に人気が高まり、クリスマス、バレンタインなどのギフトなどの需要も多い。
 

購入は、全国各地の百貨店などに店舗を展開しており、コスメ・香水フロアにおいてもディオールのコーナーを目にすることができる。
 
もちろん、ネットでも購入できるので、購入しやすい。

店舗ならテスターがある所も多いが、ネットでは実際の香りが分からないので、購入に迷う部分もあるかも知れない。

 
少し割高にはなるが、1mlのサンプル(ミニサイズ)を販売している所もある。

香りが気になる方は、このような商品を試してみるのもいいかもしれない。

 
ぜひ、男らしさの光る、ソヴァージュの香りを楽しんでみてはいかがだろうか?
 
ベルガモットも野性味のある爽快感と、ペッパーの刺激があるフレグランスで、あなたの個性を表現してみるのも面白いと思う。
 

香水が好きで、色々な香水を試してみたい!そんな方はこちらのサブスクがおすすめ。

有名香水やブランド香水と手軽に低価格で楽しめます。
⇒ COLORIA 香りの定期便