キャノンEOS Kiss Mに装着できるミニ三脚!手持ちできるマンフロット

CANON(キャノン) デジタル一眼カメラ 

EOS Kiss M W ZOOM KIT
BK 「ブラック」を購入しました!

EOS Kiss M

「EOS Kiss」ブランド初の
ミラーレスカメラ EOS Kiss M
 

イオスキスMは、
非常に使いやすくコンパクトなカメラ。

写真以外に、
動画撮影をしたいため、ミニ三脚を探しました。

 
今回、EOS Kiss Mに、
手持ち可能な三脚を購入しました。

これから三脚を購入する方への参考になればと思います。

 
購入したのはこちら

マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚

イタリアの三脚メーカー
マンフロット Manfrotto

PIXI ミニ三脚
 

スマホのアタッチメントを購入して、
スマホを固定したり、コンパクトカメラの固定が可能です。

最大耐荷重:1キロ
 

もちろん、
キャノン EOS Kiss M への装着が可能です。
 

カラーはレッド
(他にホワイト、ブラックがあります。)

 
開封した画像

Manfrotto PIXI を開封

こちらの三脚は、
足をたたんで持ったり、
広げて立てたりすることができます。

足を広げた三脚

接地部分が広めで、
しっかり安定します。
 

写真、動画撮影など幅広く活用可能。

 

キャノン EOS Kiss M への装着してみました。

キャノン EOS Kiss M へ装着

正面からの画像。

キャノン EOS Kiss M へ装着(横側)

土台は安定しています。

キャノン EOS Kiss M へ装着

動画撮影時や映りを確認する時は、
このようなポジションがいいです。

セルフタイマーでの自撮りもOK

 

手持ちをするとこような感じです。

キャノン EOS Kiss M の手持ち

手持ちの際に気になるのが、重さ。

ミニ三脚の重さはこのようになっています。

三脚の重さ

約200グラムです。

カメラとあわせると約750グラム。
(ズームレンズ装着時)

そんなに重くはありません。

 

角度調整

三脚は角度の調整が可能です。

中心のボタンを押すと、
角度を自由に変えることができます。

角度調整方法

中央がボールになっているので、
回転して向きを変えることができます。

 
三脚を装着した状態で、
バッテリー、SDカードの取り出しも可能でした。

バッテリー、SDカードの取り出し

バッテリーは、あまり隙間はないですが、
装着したまま取り出せます。
 

<最後に>

今回、EOS Kiss Mに、
マンフロット(Manfrotto)PIXI ミニ三脚を装着しました。
 

一番のメリットは、
手持ち撮影が圧倒的にしやすくなりました。

そして、
動画撮影、自撮りは抜群に安定しました。

 
また、三脚としての機能も優れていて、
タイムラプス撮影にも活用しています。

ミニ三脚を探している方におすすめです!

 
<マンフロットPIXIミニ三脚の金額>

送料に注意してください。

楽天価格
⇒ マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚
 

アマゾン価格
⇒ マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚

ヤフーショッピング価格
⇒ マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚

 

<キャノンEOS Kiss Mの購入時の記事はこちら>
⇒ 気づいた注意点、SDカードなど
 

<その他の設定はこちら>
⇒ キャノンEOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるの?

 
⇒ タイムラプスの撮影方法

 

いかがでしたか?
今回は、「キャノン EOS Kiss M」を購入しました。
三脚選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す