【光で起きれる目覚まし時計】YABAE MY-09のメリットとデメリット。価格が安いのはどこ?

「日の出モードがある目覚まし時計を知っていますか?」

音だけでなく、光で起こしてくれる目覚まし時計。

その目覚まし時計は、YABAEの『目覚まし時計 MY-09』

ネット通販でも人気の高い目覚まし時計です。

YABAEの目覚まし時計

目覚まし

YABAEの目覚まし時計『Wake Up Light』の一番の特徴は、アラーム音と光で起こしてくれることです。

光とアラーム音の設定が可能。

アラーム音は、鳥の鳴き声/川のせせらぎなど以外に、内蔵のFMラジオも設定できます。

Wake Up Light

設定された時間の前から、徐々にライトが明るくなります。

ライトの照度が最大値になったときに、アラーム音も次第に大きくなります。

徐々に明るくなるので、明るさで目を覚ますことが可能。
 
アラームだけではなく「スリーピングモード」もあり、寝るときには、逆に徐々に暗くなっていきます。

スリーピングモードもありますが、おすすめは、ウェイクアップモードの目覚ましの方です。

ここでは、『YABAE MY-09』の目覚ましの機能を中心に書いていきます。

目覚まし時計のメリット

YABAEの目覚まし

光で目がさめるため、自然と起きられる。

徐々に光が強くなるから、天気が悪いことが多い地域で光で目覚めたい方におすすめ。

光の色を変えれる

YABAE MY-09は、光の色を変えることができます。

特に北陸地方など冬に日照時間の短い地域や、冬の朝が暗い時期にGOOD。

アラーム音は、鳥のさえずりで起きられます。

目覚まし時計のデメリット

YABAE MY-09には、いくつかのデメリットもあります。

光の方向を向いて寝ていないと気が付かないです。

寝相が悪い方、うつ伏せで寝てしまう方には、明かりが届きに行くいです。

ACアダプター接続

ACアダプターをずっと繋がないといけないので間違えて抜いてしまったりすると時間設定がリセットされてしまいます。

電池も入っていますが、コンセントで使用する方は注意してください。

時計の光は消せますが、最初は消し方が分からず、時間の表示の光が気になって眠れないことがありました。

最初に説明書で使い方を確認した方がいいです。
 
時計本体の安定感がそれほどいいとは言えません。

形が円形をしていて、下部の接触面積は大きくはないので、止めるときに力をコントロールしないと倒れることがあります。

重さも、軽めなので、勢いよく目覚まし時計を止めようとすると、倒れてしまうことがありますので注意してください。

ボタン

設定は慣れないと、やりにくいです。

たくさんボタンがあるので、どれが何のボタンかを把握するのに時間がかかり、ボタン長押しの操作もあります。

目覚まし時計の感想

YABASE

私は太平洋側で生まれ、曇りが多い北陸地方に引っ越し、特に冬場の日光の少ない時に朝起きるのはとても辛いです。

冬や天気が悪い時でも、明かりで目覚めができるのは、すごくいいです。

ベットの位置や寝る姿勢を考えて、光が届くように置いたほうが、目覚めに効果があります。

あとは、早寝をして、いい睡眠をとって目覚めを良くした方がいいです。

 
価格は、ショップによってバラつきますが、最安値はAmazonの¥3,399でした。

カラーはホワイトとウッドがあり、ウッドの方が高めです。

楽天
⇒ YABAE MY-09

ヤフーショッピング
⇒ YABAE MY-09

Amazon
⇒ YABAE MY-09

自分に合った目覚まし時計で、いい目覚めをしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す