副業として始めたスナップマート「本当に稼げる?いくらで売れるの?」

Snapmart〈スナップマート〉を知っていますか?

スナップマートは、写真を販売することができるアプリです。

スマホで撮影した写真を出品することができて、フリマ感覚で写真の販売が可能。

ここでは、スナップマートの始め方や使用した感想、稼げるのかを書いていきます。

Snapmart〈スナップマート〉

スナップマート

スナップマートは、撮影したスナップ写真を簡単に出品して販売することができます。

写真を売るには、アプリのインストールが必要です。

iOSアプリ、Androidアプリのストアからダウンロード、インストールします。

写真の出品は、アプリで行いますのでPCからの出品はできません。
 
<スナップマートを始める時の手順>

スナップマートを始めるには、メールアドレスが必要です。(Facebookアカウントも可)

メールアドレス

IDを決めて、パスワードを設定します。

IDは半角英数字で3-16文字です。変更不可

本人確認書類を提出します。

本人確認書類を出さなくても出品は可能です。 購入率や収益に関わるので、出したほうがいいです。

免許証、パスポートなどの身分証明書をスマホからアップロードします。

事務局が確認して、本人確認が完了します。

すぐに反映されるわけではなく、本人確認は3日ほどかかることがあります。
 
次に、連絡先・振込先口座の設定を行います。
(振込先口座の入力はあとでも大丈夫です。)
 

あとは写真をアップロードしていきます。

アップロードは、出品ボタンを押して、写真を選択して、タグ(検索ワード)、タイトル、コメントを入力します。

写真をアップロード

タグ(検索ワード)は検索に関わるので、どのタグを使用するのかが重要。

タグの選択は稼ぎに大きく関わります。

人が写っている場合は、モデルリリース(肖像権使用許諾)を入力。

保存をするとすぐに反映されて写真が出品できます。
 
スナップマートは、とにかく早く出品をすることができるので驚きです。

スナップマートの注意点

スナップマートには、出品できない写真もあります。

他の人が撮影した写真(著作権が自分にない作品)、他人のプライバシーを侵害する写真、アダルト、公序良俗に反する写真、モデルの出品の許可をもらっていない写真などは出品不可です。

そのほかにも基準があるので、スナップマートのホームページなどで確認してください。
 

注意点として報酬は、獲得メダルで変わります。

獲得メダル

メダルの数に応じて報酬率が変わります。

  • レベル1 メダル0 報酬率30%
  • レベル2 メダル3 報酬率35%
  • レベル3 メダル7 報酬率40%
  • レベル4 メダル11 報酬率45%
  • レベル5 メダル15 報酬率50%
  • レベル6 メダル19 報酬率55%
  • レベル7 メダル非公開 報酬率60%

レベルによって報酬率は異なり、レベルとともに報酬が上がります。

ある程度、経験しないとレベルが上がらないようになっています。

スナップマートは稼げるの?

snapmart

スナップマートは稼げるのかどうかについても書いていきます。

現在、始めて2週間ほどなのでまだこれからですが、現在の時点では0です。
 
身分証明書を提出して、写真を10枚ほど出品しました。

写真のいいねは時々つくことがありますが、まだ売れていません。

現在のレベルは、「レベル2 メダル3 報酬率35%」です。

レベル2 メダル3

次のレベルへ上げるには、写真を100枚以上出品する、出品写真が10枚以上売れるなどハードルが高めです。
 
いきなり稼げると思って始めると辛いと思います。

写真は、撮影する人によってセンス、技術が違いますので、写真がうまく、人の心つかめる方なら稼げるかもしれません。
 

他の出品者も確認してみましたが、売れているのは、クオリティーの高いおしゃれ写真、人物の写真、珍しい写真が売れていました。

数百枚以上出品して、SNSでの活動をしている方が多いです。

 
スナップマートで月数万稼ごうと思うとかなり大変です。

稼げる金額は、報酬率からも分かるように最高でも報酬率60%。

定額制で写真が売れた場合の報酬は、固定で1枚88円×報酬率(自分のレベル)になります。

単品購入はSサイズ324円、Mサイズ540円、原寸大1296円×報酬率(自分のレベル)になります。

相当な枚数を販売しないとまとまった金額にはならないです。
 

私の結論は、スナップマートは、稼ごうと思ってやるよりは、趣味の副業として始めるのがいいです。

 
今後も写真の出品を続けていこうと思いますので、結果をこちらで更新していきます。

まずは100枚出品して様子をみていきます。