キャノンEOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるの?設定方法は?

CANON(キャノン)デジタル一眼カメラ 

EOS Kiss M W ZOOM KIT
BK 「ブラック」を購入しました。

(ダブルズームキット)
EOS Kiss M

「EOS Kiss (イオス キス)」
ブランド初のミラーレスカメラが EOS Kiss M
 

EOS Kiss M は、
軽量、コンパクトでつかいやすく、初心者にも人気のカメラです。

 
今回は、
キャノン「EOS Kiss Mの使い方、機能」シャッター音に関して書いています。

EOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるのかどうか?

 
カメラのシャッター音は、
静かな所では気になることがあり、
周りの人の迷惑になる場合もあります。

例えば、
演奏会や美術館のような静かな場所での撮影時など。

静かな場所では、
シャッター音が、周りの人の迷惑になることがあります。

 
「EOS Kiss Mでは、
シャッター音を消すことはできるのでしょうか?」

 
その答えは、

EOS Kiss Mでは、
状況に応じて、シャッター音を消すことができます。

 

ミラー機構のないミラーレスカメラならではの、無音撮影が可能です。
 

シャッター音を消す方法

 
キャノン EOS Kiss Mで、
シャッター音を消すには、「サイレントモード」で撮る方法があります。

 
ただし、
シーン別の撮影時のみになります。

シャッター音なしの設定方法は、
SCN (スペシャルシーンモード)にします。

EOS Kiss Mの設定

カメラの上部にある
ダイヤルを回してSCNにします。

SCNで、シーンに適したモードを選べます。

EOS Kiss Mのシーン設定

シーン選択を選びます。

  • ポートレート
  • 美肌
  • ハイダイナミックレンジ
  • 風景
  • 手持ち夜景
  • 料理
  • スポーツ
  • クローズアップ
  • 自分撮り
  • 流し撮り
  • HDR逆光補正

シーン選択の中に
「サイレントモード」があります。

サイレントモード

こちらのサイレントモードは、
シャッターの作動音を出したくない場所での撮影に向いています。

サイレントにすると、
カメラ設定の電子音も連動して切になります。

EOS Kiss Mの設定画面

「サイレントモード」の設定で撮影すると、
シャッターの作動音や電子音は出なくなります。
 

シャッター音を出したくない場合は、
「サイレントモード」で撮影します。

他のモードで、
シャッター音の作動音をなしにする設定はありませんでした。

SCNモードでのみ可能です。

 
また、演奏会や演劇などでは、明かりを控えなければいけないことがあります。

液晶の明かりにも注意が必要です。

液晶の明かり対策は、液晶をひっくり返すのがいいです。

イオス キスM 液晶

カメラのモニターをひっくり返して、ファインダーで撮影するのがいいです。

スポンサードリンク


 
また、暗い所で撮影する際に注意したいのは、明かるさの設定です。

サイレントモードでは、通常の明るさ設定が使用できません。
 

サイレントモードで明るさを調整するには、液晶画面から行えます。

まず、ボディの右側のINFOボタンを押します。

サイレントのあかるさ設定

液晶画面のQの部分をタッチします。

明るさの調整が液晶の右側に出ます。

あかるさ

矢印の部分をタッチすると、画面の下にあかるさの表示が出ます。

プラスマイナス3の調整が可能。

暗い所で撮る際には、補正をした方がいいです。
 

<まとめ>

 
シャッター音を消すには、
シーン選択で「サイレントモード」で撮るという方法があります。
 

静かな場所でのシャッター音は、他の人の耳障りなります。

特に、演劇などの静かな場所では、想像以上に周りの人に聞こえます。

撮影が可能な所でも、シャッター音を出して、写真を撮りまくっていると注意されることもありますから、十分注意してください。
 

暗い場所での撮影は、明るさ調整も行った方がいいです。

 
サイレントモードは、静かな場所や、赤ちゃんの撮影などの際に役立ちます。
 
シャッター音を出したくない撮影の機会がありましたら、活用してみてください。
 

<キャノンEOS Kiss Mのその他の設定>
⇒ キャノンEOS Kiss M (イオス キス)でタイムラプス撮影はできる?

 
<キャノンEOS Kiss Mの購入時の記事はこちら>
⇒ 気づいた注意点、SDカードなど

 
いかがでしたか?
今回は、「キャノン EOS Kiss M シャッター音」に関して書きました。
撮影時の参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す