ゴープロ対応ジンバル FEIYU TECH G5のレビュー&使い方!フェイユーテックを購入

FEIYU TECH G5
FEIYU TECH G5

FEIYU TECH(フェイユーテック)
3軸ジンバル
ゴープロ 5/6対応
 

ジンバルって何?

 
ユーチューバーや動画クリエイターが使ってる
電動ジンバル。

ジンバルは、
ビデオで発生しがちな手ブレを画期的に補正する機械です。

細かな振動だけではなく、
歩いたときのブレを補正してくれます。

ジンバル

ジンバルは、
カメラなどに装着して、
ブレを防止して滑らかな映像を撮影できる道具。

なめらかな映像を撮影したい方に特にオススメ。

 
ジンバルには、
ブレシレスモーターが付いていて、
傾きを感知すると自動的に傾きを調整してくれます。

 
GoProには、手ぶれ補正もついていますが、
よりクォリティーの高い動画を撮ろうと思うと、
標準機能の手ぶれ補正ではものたりなくなります。

そんな時には、
ジンバルの使用がいいです。

 
では、
どのようなジンバルを選べばいいのでしょう?

 
いくつかメーカーがありますが
定番は、GoPro純正のジンバルの「KarmaGrip」


「KarmaGrip」
GoPro純正のジンバルである「カルマグリップ」

純正なので信頼性が高いですが、
価格も高めです。

 
今回、いろいろ比較をして、
手頃な価格のFEIYUTECH G5を購入しました。
 

FEIYU TECH G5を購入

 
FEIYU TECH G5
「G5」は、2017年5月発売のアクションカム用のジンバルです

FEIYU TECHは、中国のメーカーです。

中国といっても、昔のようなイメージではなく、
しっかりしていて、現在も問題なく使えています。
 (今回購入したものは正規品で1年保障となってました)
 

<FEIYU TECH G5 3つの特徴>

  • 3軸ジンバル
  • ゴープロ 5/6対応
  • 生活防水

 
フェイユーテックG5 (FEIYU TECH G5 )

購入した商品
フェイユーテック G5

ジンバルを開封
FEIYU TECH G5

箱は2重になっています。

本体が入っている箱を開封。

FEIYU TECH G5 の中身

本体は、黒いケースの中に入っています。

説明書、おもり、黒い箱、本体

FEIYUTECH G5の中身

本体はケースに入っています。

ただし、
カメラを取り付けた状態では、
ケースに収納できません。

 
箱に入っていたパーツ。

FEIYUTECH G5の小物

・おもり
・電池
・充電コード

充電コードは、
G5側はMicroUSBで先端はUSB Type-CまたはMiniUSB形状の2種がついています。

アクションカメラを充電する為のケーブルです。

この部分に差し込めます。

充電位置

 
早速、ジンバルをゴープロに固定しました。

ゴープロを固定した状態。
 (ゴープロ5)
FEIYUTECH G5にゴープロを固定

固定方法は、ネジを使用して、
ステーで挟み込むようにして取付けします。

FEIYUTECH G5

このような感じで挟み込みます

ゴープロ5に装着するには、
付属のおもりを取付けます。

FEIYUTECH G5のおもり

 
<FEIYU TECH G5 充電方法>

FEIYU TECH G5 の充電

充電は、スイッチの横から行えます。

ゴムのカバーを外して、
充電コードを差し込みます。

 
FEIYU TECH G5 の
スイッチはこのようになっています。

スイッチ

1は、ジョイスティックになっていて、
上下左右に動かせます。

2は、電源・機能ボタンです。

3は、セルフタイマーボタン

 

他の設定は、
2のボタンを押す回数で設定をします。

(例)
1回押し:パンフォロー、ロックモード切替
2回押し:オールフォロー
3回押し:180度パン回転
5回押し:初期化
 

電源を入れるのは、
2の電源ボタンを長押しします。
 (緑色のライトが点灯し、トーン音がなります。)

電源を切るのは、
2の電源ボタンを長押しします。
 (赤色の点滅、トーン音がなります。)
 

電源を入れたときは、
チルトが固定されパンがフォローします。

パンモード:左右水平方向に動く。チルトとロールは固定。

 
本体の裏側にもボタンが一つあります。

裏側のボタン

裏側のボタンは、
カメラの向きを固定出来るトリガーボタンです。
 

状態はLEDの点灯状態で確認できます。
・青色1回点滅:パンフォロー
・青色2回点滅:オールフォロー
・赤色3回点滅:バッテリーが少ない
 
 

FEIYU TECH G5 メリット

 
・バッテリーの持ちがよいです。
  (8時間連続使用ですが、普通に使うと基本2時間ぐらいです)
・生活防水 
  (多少の水がかかる程度であればそのまま使用できます。)
・グリップ下の三脚穴があり、三脚や延長ポールなどをつなげます。
・ジョイスティックでパン・チルト操作ができます。 
・スマホと接続して、アプリからカメラの向きを遠隔操作可能。

グリップ下の穴
グリップ下の穴

ここにパーツを装着してロングタイプにしたり、
土台を装着することができます。

別売りの土台を装着してみました。

別売りの土台を装着

タイムラプスなどに便利です。

ジンバルを使用すると、撮影の幅が向上し、
風景撮影などで安定した撮影可能です。

 

パノラマ撮影(オートローテーション)

他に、
パノラマ撮影(Autorotation mode)が可能です。

オートローテーションは、自動で回転するモードで、
タイムラプストの組みあわせがいいです。

<パノラマ撮影(オートローテーション)のやり方>
・ファンクションボタン(機能ボタン)を4回押す
・「開始地点」の場所(向き)でファンクションボタンを1回
・「終了地点」の場所(向き)でファンクションボタンを1回

自動で回転が始まります。
終了、リセットはファンクションボタンを押します。
 

回転速度は、初期設定では1時間です。
回転速度を調整するには、アプリで変更する必要があります。
(最大で8時間で回転、最短で15秒で回転)

※ジンバルを立てる土台が必要です。

 

FEIYU TECH G5 注意点

 
モーターノイズが入ります。

ゴープロでのマイク設定で軽減はできますが、
完全になくなることはないです。

音をICレコーダーなどで別撮りするか、
あとで、動画に音楽などを入れるのがいいです。

 
ジンバルは初めて使うと、
慣れるまで、操作に戸惑うかも知れません。

ボタンの押す回数などを覚える必要があります。

角度調整など、ある程度使いだすと、
自在に使えるようになりますので、触って慣れるのがいいです。
 

※購入時は、
 アップグレード版とそうでないものがあると思いますので、
 注意してください。

 
<最後に>

ジンバルの一番の特徴は、
歩きながらの撮影などの、
ブレが少なくなり、かなり見やすい映像になります。

FEIYU TECH G5は、現在も使用しており、
特に問題なく使えています。

YouTubeなど、
動画の撮影をする方にオススメのアイテムで、
撮影の幅が広がるアイテムです。

FEIYU TECH G5

【メーカー1年保証付き】FeiyuTech G5(アップグレード版)3軸ジンバル IP67防水機能 GoPro HEROなどアクションカメラに対応 落下防止ボルト アルミ合金の延長ポール付き並行輸入品 【メーカー1年保証付き】


<楽天価格>
⇒ FEIYU TECH G5
 
<ヤフーショッピング価格>
⇒ FEIYU TECH G5

購入時は、アップグレード版や保障に注意してください。

スポンサーリンク

コメントを残す