SharkのハンディクリーナーW25(W20)とW35(W30)の違いは?使用した感想は?

Sharkのハンディクリーナーの感想

『Sharkのハンディクリーナーを知っていますか?』

コンパクトな掃除機を探している方におすすめのSharkのハンディクリーナー。

大きな掃除機はいらないけど、部屋の簡単に掃除できる掃除機を探している方にピッタリ。

コンパクトでも吸引力の硬い掃除機が欲しい方に「Sharkのハンディクリーナー」を紹介します。

Sharkの掃除機

Sharkのハンディクリーナーの外観

Shark(シャーク)は、アメリカで人気の掃除機メーカーです。

SharkNinja(シャークニンジャ)はアメリカに本社があり、日本法人もあります。

2018年頃から日本での販売がスタートし、掃除機はいくつかの種類があります。

  • コードレススティッククリーナー
  • ハンディクリーナー
  • スチームモップ
  • ロボット

 
今回は、ハンディクリーナーのEVOPOWERシリーズを購入しました。

EVOPOWERシリーズは、日本に向けて改良されたモデル。

  • EVOPOWER EX充電式ハンディクリーナー
  • EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー

 
ハンディクリーナーはEXと通常モデルがあり、プレミアムモデルは使用時間が長く、吸引が強くなるブーストモードがあります。

EVOPOWER EXは、EVOPOWERの2倍の吸引力と3つのモードを搭載

今回、購入したのは、充電式ハンディクリーナーのEVOPOWERシリーズ W20です。

Sharkのハンディクリーナー

Sharkのハンディクリーナー

購入したのは、充電式ハンディクリーナーのEVOPOWERシリーズ W20(WV250J)です。

W20は旧モデルで、新モデルはW25です。

2つに大きな違いはなく、W25は電源ボタンのLED部分が変わり、細かく電池残量が分かります。
 
W20・W25は、本体以外に、ノズル、充電スタンド、充電ベース、アクセサリートレイがついています。

ノズルは3種類あり、隙間用ノズル、マルチノズル、布団用ノズルがついています。

注意点として、スティックタイプではないため、歩いて掃除をすることはできません。

※フローリング用延長ノズルが必要です。

部屋をピンポイントで掃除したり、小さなスペースを掃除するのに向いています。

W25(W20)とW35(W30)の違いは?

シャークハンディクリーナー

シャークハンディクリーナーEVOPOWERには、種類があります。

【EVOPOWER】

  • EVOPOWER W25(W20)
  • EVOPOWER W35(W30)

 
※W25(WV270J)・W35(WV280J)が最新モデルです。
 
2つの違いは、バッテリーの個数です。

W25(W20)は約12分、W35(W30)は約24分の運転が可能。

バッテリーの数に違いがあり、W20・W25は1個、W30・W35は2個です。

旧モデルとの違いは、バッテリーの表示使用が違いバッテリー充電や残量ステータス表示が違います。

※2つの本体の仕様や性能は変わりません。価格はW20の方が安くなっています。

W20・W25は、カラー設定が異なり、W20はホワイトもあります。

Sharkのハンディクリーナーの使い方

Sharkのハンディクリーナーの使い方

ハンディクリーナーの表面には、2つのボタンがあります。

本体のボタンは、電源ボタンとダストカップボタンのみ。

電源が入ると、電源ボタンがブルーに光ります。
 
バッテリー残量が少なくなると、電源ボタンが点灯します。
 

使い方は、電源ボタンを押すだけ。

ボタンを押すと吸引が始まります。

充電は、付属ドックに本体を置くだけなので、簡単に充電ができます。

Sharkのハンディクリーナーの特徴

Sharkのハンディクリーナー

Sharkのハンディクリーナーの特徴は大きく3つあります。

  • デザインがいい
  • 吸引力がある
  • お手入れしやすい

コンパクトでコードレスなので、手軽に使える掃除機です。

デザインがいい

Sharkのハンディクリーナーの外観

一番の特徴は、コンパクトでスタイリッシュなデザイン。

パッとみたときは、「これが掃除機なの?」と思ってしまうかもしれません。
 
部屋の隅に置いてあってもインテリアのような感じで、調和しやすいです。

コードレスで充電式なので、持ち運びも容易。

掃除したいところへ持っていき、掃除することができます。

吸引力がある

コンパクトでスリムなデザインですが、吸引力もしっかりしています。

パワフルなモーターを使用し、このサイズでは高い吸引力です。

吸引音は、少し高めの音で、うるささは少ないです。

音は、レイコップに近い感じで、少し特徴があります。
 
実際に使用している時の音はこちら
https://youtube.com/shorts/YvoLbrQ-Ma4?feature=share

お手入れが簡単

Sharkのハンディクリーナーのお手入れ

Sharkのハンディクリーナーのゴミ捨てやお手入れは簡単です。

ゴミが溜まったら、ボタンを押してゴミを捨てることができます。

紙パック式ではなく、そのままゴミを捨てることができ、ゴミに触れずにゴミ捨て完了。
 
クリーナーには、フィルターもあります。

内部に装着され、ダストカップとフィルターに分かれます。

使用頻度によりますが、1ヶ月に一回程度の洗浄。

フィルターは水洗いが可能。

使用した感想

Sharkのハンディクリーナーの感想

Sharkのハンディクリーナーは、コンパクトですが吸引力が高く、カーペットのゴミや髪の毛もしっかり吸い取れました。

ハンディクリーナーなので、ゴミが気になった時にサッと掃除ができます。

部屋の床はもちろんですが、布団用ノズルがあるので布団の掃除もすることも可能。

コードレスなので、車の中の掃除なども掃除できます。

ダストのゴミも簡単に捨てれます。

ただ、コンパクトな掃除機なので、ダストボックスは小さめです。

コンパクトなボディですが、吸引力はとてもパワフル。

吸引音は、高めの音で、普通の掃除機の音とは違うので、慣れるまでは違和感があるかもしれません。

まとめ

Sharkのハンディクリーナー

Sharkのハンディクリーナーは、コンパクトなサイズで吸引力が高いのが人気のポイント。

部屋のゴミに気づいた時に、ピンポイントでサッと掃除できるので、部屋にあると便利。

一人暮らしの方にもおすすめです。

EVOPOWER W25(W20)とEVOPOWER W35(W30)があり、基本的な性能は同じです。

違いは、バッテリーの表示が異なる部分です。

新モデルはW25とW30です。

吸引力のあるコードレス掃除機を探している方は、チェックしてください。

Shark EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー WV400J

Shark EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー WV400J

22,671円(10/05 09:38時点)
Amazonの情報を掲載しています