パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません!本の内容は?

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません
世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方


著者:江田 証
出版社: さくら舎
発行日:2017年9月7日

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません

すごく気になるタイトルですが、
ただ単に「パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べるな」と
いうような内容の本ではありません。

カラダにいいとされた食品でも、
過敏性腸症候群などおなかの弱い人にとって、
これらのものを避けた方がいいといいます。

日本人はおなかの不調な人が多い民族です。

おなかの不調で悩んでいる人は、日本はアジアの中でも非常に多く、
日本人の十四%。なんと10人に一人以上もいます。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません 江田 証 P1

おなかの調子がよくなくて、悩んでいる方も多い。

そのような方は食べるものにも注意が必要。
 

おなかにいい食べ物たからといっても、
万人に通用するわけではなく、
腸のタイプによって適応は変わってくる。

本書には、このように書かれている。

みなさんは、最近よく「腸内細菌を整えて健康になる」というたぐいの本、
特集記事、テレビなどを見たことがあるでしょう。

それによると、調の調子を整えるために、
たくさんのオリゴ糖をとり、ゴボウ、豆、アスパラガスなどの食物繊維をとり、
納豆、キムチなどの発酵食品をとるようにしています。

しかし、これらは腸に症状のない「健康な人」に適した食事法ではありますが、
決しておなかの調子が悪い人の腸の症状は改善させません。

むしろ、下痢やガス、肥満、便秘などの
おなかのつらい症状をかえって悪化させているのです。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません 江田 証 P22

この本を書かれているのは、
医学博士の江田証さん。

医者であり、胃腸に関してのスペシャリストで、
ピロリ菌なども得意としており、過去にも本を出版している。

以前の本でも、
FODOMAP(フォドマップ)に関して触れていた。
 

FODOMAPとは、
「発酵性のオリゴ糖、2糖類、単糖類、ポリオール」の4つをまとめた略語。

FODMAPは、小腸で吸収されにくい「短鎖炭水化物」のこと。
 

「高FODMA」と「低FODMAP」があります。

 
<高FODMAP>

リンゴ、スイカ、ドライフルーツ、アスパラガス、ブロッコリー、マッシュルーム、小麦、パスタ、ソルビトール、マンニトール、ハチミツ、コーンシロップ、枝豆、大豆、クッキー、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズなど

 

<低FODMAP>

バナナ、ブルーベリー、レモン、グレープフルーツ、人参、セロリ、じゃがいも、ラクトース抜き牛乳・ヨーグルト、
豆腐、砂糖かぼちゃ、グルテン抜きパン、米、オーツ麦など
 

本のタイトルにある、
パン・豆類・ヨーグルト・りんごは、高FODMAPにはいる食べ物。

そのような高FODOMAP食品を避け、
低FODOMAP食品を食べたほうがいいということが書かれ、
調味料、乳製品、フルーツ、飲み物、肉・魚・卵・ナッツなどジャンル別に表記している。

また、
食品ラベルの読み方にも書かれており、
ラベルを見ることは大事だと感じた。

ラベルの原材料は、
一番多く含まれている成分が最初に書かれている。

最初の方に、高FODOMAPが含まれている食品は避けた方がいいようだ。

いろいろな例を挙げて、
このような内容で章分けされている。

第1章 糖質と食物繊維が危ない!
第2章 おなかの調子が悪い人の食生活
第3章 低FODMAP食の劇的な効果
第4章 低FODMAP食と高FODMAP食
第5章 自分のおなかに「傾聴」を
第6章 低FODMAP食が人間の根を元気にする
第7章 「見た目が若い」は腸によい食生活から

低FODOMAP食は、
科学的にその効果が証明されている。

本書には「食物負荷試験」など、
具体的な方法が書かれているので、
FODOMAP食事療法を実践してみることができる。
 

過敏性腸症候群をはじめとする
胃腸の機能障害に悩む方は、本書の食事方法を学んでみてはいかがでしょうか?

⇒ パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません

スポンサーリンク

コメントを残す