一流の男だけが持っている 「強い胃腸」の作り方を読んだ感想。

一流の男だけが持っている
「強い胃腸」の作り方 を読んでみた。

 

2015年頃から、

腸内フローラー、腸内デトックスなど、

腸内環境に関するものが注目を浴びだしている。

 

そんな中、ビジネスマン向けの、

胃腸に関する本が出ていたので、読んでみた。

 

最近、一流の男・・・

というような本は多いが、、、

 

一流の男だけが持っている「強い胃腸」の作り方

というタイトルの本。

 

 

この本は、胃腸が中心の内容で、

医学博士 江田証さんの書かれた本。

 

栃木県の江田クリニック院長で、

胃がんのスペシャリストでもある。

 

この本では、胃腸に関する内容を中心に、

ビジネスマン向けに分かりやすく書かれた本で、

入門的な内容で下記の4章に分かれて書かれている。

 

仕事のパフォーマンスは胃の状態で決まる

「一流の男」の胃の中には、ピロリ菌がいない

今日から始められる「胃腸を強くする」習慣

ビジネスで成功するためには腸内細菌を「調節」せよ

 

スポンサーリンク


 

この本で、メインとして伝えているのは、

「胃がんは遺伝ではなく、ピロリ菌で感染する」

という部分で、この部分にはページを割いている。

 

せっかくなので、

ピロリ菌について、少しまとめておく。

 

ここ数年で、よく聞くようになった言葉。

「ピロリ菌」

 

ピロリ菌は、

日本人の胃腸を脅かしている細菌

(ヘリコバクター・ピロリ菌)

 

胃がん患者に多く感染していることが多く、

ピロリ菌に感染している人は、

ストレスで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすいと言われる。

 

ピロリ菌を除去することで、

少しのストレスがかかっても大丈夫になり、

たくましい胃腸につながっていく。

 

本文には、

ピロリ菌や除去に関しても書かれている。

 

最近の詳細な研究によって「ピロリ菌に感染していない胃がんはよく調べてみると、1%以下と非常にまれである」ということが判明したのである。

出典明記 一流の男だけが持っている「強い胃腸」の作り方 大和書房 69頁

ピロリ菌を除去すれば、胃がんになる確率を、

3分の1以下にまで減らすことができることが解明されているのです。

 

ピロリ菌と薬の関係の説明もあり、

ピロリ菌除去には薬の服用が必要で、

さらに除菌を高める具体的な方法も書かれている。

 

 

他には、

胃腸を強くする習慣が書かれていて、

胃をたくましくするブロッコリーなどにも触れている。

 

 

最後は、

FODMAPについて書かれていて、

本には、FODMAP一覧表が付属されている。

 

FODMAPは、ある種類の糖質のこと。

オーストラリア生まれの新しいIBS(過敏性腸症候群)の食事療法。

 

フォッドマップ食事法(FODMAP)は、

「Fermentable、Oligo-、Di-、Mono-saccaharides and Polyols」で、

「発酵性のオリゴ糖、2糖類、単糖類、ポリオール」という意味。

 

FODMAP(オリゴ糖、2糖類、単糖類、ポリオール)の摂取をまずごく最小限にし、

その後、少しずつ摂取を開始していき、お腹の不調を起こす食品があるかを、

探っていくやり方法。

 

お腹の調子の悪い人は「FODMAP食」を避けることが大事だと書かれている。

 

一覧表では、

控えた方がいいものと、食べていいものが色分けして書かれていたので、

自分の腸の調子を確認しながら、進めていくのもいいと思う。

 

 

<最後に>

 

本を読んだ全体的な感想だが、

全体的に基本的な内容なので、深く学びたい方には物足りないかも知れない。

 

ただ、ビジネスマンや、これから胃腸のことを考えていきたい方には、

読みやすく基本的なことを知ることができ、

参考になる部分が多いと思う。

 

「ギャル曽根はなぜ、あんなに食べれるのか?」

「大リーガーに学ぶ笑顔の法則」

なども書かれており、雑学、知識としての学びもあると思う。

 

胃腸を強くして、

一流のビジネスパーソンになってみてはいかがだろうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す